湿布

アロマテラピーは体の不調を改善してくれる働きがあります。
体の悪い部分によって使うべきエッセンシャルオイルは異なるので、体の不調や部位に合わせて選びましょう。
部分的にアロマテラピーを行う一つの方法として湿布があります。

湿布とはエッセンシャルオイルを水で希釈し、そこにタオル浸し、水を絞ってから患部に押し当てることを指します。
そうすることで、肌からアロマを摂取します。
冷たい水を使えば冷湿布に、熱湯を使えば温湿布になります。
エッセンシャルオイルは4滴以上を入れると刺激が強すぎるので2・3滴を目安にしましょう。
患部には約10分程度当てておくだけでかまいません。
長時間当てすぎると肌に負担をかけることもあります。
温湿布の場合、冷めたら一度熱湯に浸けるなどして温度を保ちましょう。
温度が下がると効果も下がってしまいます。

温湿布は血液の循環をよくしてくれます。慢性的な症状にぴったりです。
冷湿布の場合は炎症や熱・痛みといった急性のものに適していると言われています。
状況によって使い分けアロマテラピーの効果を実感して下さい。

また通常の湿布とは違い、瞼に湿布をすることができます。
エッセンシャルオイルが絶対に目に入らないように湿布をする際は必ず目を閉じなければなりません。
瞼の上から優しく湿布を当てましょう。
他の部分に比べると瞼は刺激に弱いことがあります。
他の部位に使用するときよりも薄めに希釈するのもいいかもしれません。