不眠症に効く

アロマテラピーは不眠に効果があると言われています。
夜寝付けないと、ストレスも溜まります。
緊張や興奮状態が続くと落ち着いて寝ることができません。

アロマテラピーを行うことで脳を落ち着かせて睡眠を促します。
方法としては芳香浴が一番お勧めです。
アロマの香りを香りながら寝ることで脳をリラックスさせてくれます。
アロマポットがお勧めですが、火を使うものは寝る際は危険なので電気を使ったものにしましょう。
また枕にエッセンシャルオイルを垂らしたり、オイルをたらしたハンカチを枕元においたりするのが手軽で安全なのでお勧めです。
他にも睡眠前にアロマバスを行うのも効果的です。
ただし、アロマバスの場合は少しぬるめのお湯にゆっくりと入るようにしましょう。
他にもマッサージなども効果があります。

不眠に効くエッセンシャルオイルはたくさんあります。
不眠の原因によってエッセンシャルオイルを使い分けましょう。
まずはストレスなど精神的不安がある場合です。
ラベンダーやマージョラム、イランイランなどリラクゼーション効果のある香りにしましょう。

次に生活リズムの乱れからくる不眠の場合です。
ペパーミントやローズマリーがお勧めです。またグレープフルーツやオレンジといった柑橘系の香りも効果があります。
これらの香りが朝の目覚めをよくしてくれます。

そして体の冷えから来る不眠には全身欲やマッサージといったアロマテラピーが効果的です。
香りはラベンダーやカモマイルがお勧めです。