アロマテラピーの効能・効果 > 正しいアロマキャンドルの使い方

正しいアロマキャンドルの使い方

アロマテラピーの一つの方法としてアロマキャンドルがあげられます。

火をつけることで、香りが漂いリラックスすることができます。

とても簡単な方法にも見えます。

しかし、キャンドルにも正しい火の付け方などがあります。

正しいアロマキャンドルの使い方を知って、より効果的なアロマテラピーを楽しみましょう。

まずは火の付け方です。

新しいキャンドルを使う時は、表面全体のロウが溶けるまで火をつけておく必要があります。

全体のロウが溶けないと最後まで綺麗にキャンドルが燃えてくれないのです。

キャンドルは最初にロウを溶かした部分しか溶けません。

つまり表面全体を溶かさなければ、最後には溶け残りの部分が生じるという結果になります。

最初が肝心なので注意しましょう。

次に灯りの調節の仕方です。

キャンドルを綺麗に燃やすには芯の調節が不可欠です。

長すぎるのはあまりよくなく、0.5cmがちょうどいいとされています。

長くなったらハサミで切りましょう。火の灯りが動いていたり、一定でなかったりした場合は芯が長すぎる可能性もあります。

空気が動いている可能性もあるので、空気の動いてない場所で一度確認をしてみる必要があります。

また芯は真っ直ぐ立っているのが望ましいとも言われています。

最後に火の消し方です。

キャンドルの消し方ですが、多くの人は息を吹きかけて消すと思います。
しかし一番よいのはピンセットで摘んで消すやり方です。
そして溶けたロウを芯につけて真っ直ぐ立て直します。
そうすれば次使うときにもすぐ火がつきます。