子供が使う

アロマテラピーと言えば、大人の女性を中心に人気があります。
もちろん男性でもアロマテラピーを楽しんでいるという人はたくさんいます。

最近では子供の体の不調にもアロマテラピーを行うという人が増えてきています。
ただ子供は刺激に敏感なので十分に注意が必要です。
特に精油は大人の肌にも刺激が強いことがあるので要注意です。

1歳未満の子供であれば精油を使用したオイルマッサージは避けましょう。
肌への刺激が強すぎます。アロマテラピーでは香りを楽しむ程度をお勧めします。
香りも刺激の少ないものがよいでしょう。
子供がいる人は自分が香りを楽しむ場合であっても、刺激の強いものを避けるように心がけましょう。

1歳を過ぎると使用できる精油が増えてきます。
ラベンダーやカモミール・オレンジ・ローズなどが使用できます。
注意する点は大人と同じ分量では使用しないという点です。大人の4分の1が目安になっています。

そして7歳を過ぎると全ての精油が使えるようになります。
やはり大人と同じ分量というわけにはいきません。多くても半分ぐらいです。
半分以下を目安に薄めてマッサージをしましょう。
お年寄りの方もこれくらいが目安になります。

全ての子供に目安が当てはまるわけではありません。
異常があれば、その香りを使用するのをやめたり、さらに薄めたりした方がいいですね。
親子で香りを楽しんだり、療法として取り入れたり使い方は様々ですが、子供には刺激が強いということだけは認識しておきましょう。